某デザイン会社が制作したwebページでの出来事。

運用を引き継いでいるので、定期的にWordpressのバージョンアップ等のメンテナンスを行っているwebサイトがあるのですが、ある日そのサイトの動作検証を行っていたら、IE11で表示できないjpg画像があることに気づく。

検証はIE11とChromeで行っていたので、同じURL叩いてChromeで確認すると表示される。

Google先生に質問してみたところ、カラーモードがRGBでなくCYMKで保存されたjpg画像だとこのような現象が起こるとのこと。

それでは、と思い、Photoshop起動して開こうとしたら、開けない。
「要求された操作を完了できません。不明または無効な JPEG マーカーが見つかりました。」
filetype_error_3

なんじゃらほい?と思いつつも、仕方がないのでダメ元でwindows標準のペイントで開くと、開ける。
疑問を抱きつつも、はやいとこ修正しないといけない問題なので、そのままjpgで保存し直し、webサーバーへアップしてみたら、まぁなんということでしょう!きちんとIEででも表示できるようになったではありませんか!

ペイントにできてPhotoshopにできないことがあるなんて、どーにも納得出来ないので、もう少し調べてみたら、拡張子を無理矢理変更した画像を開こうとした時にこのエラーとなるケースがあるとの記事をみつける。

もしやと思い、その画像の拡張子をjpgからpngへ変更してphotoshopで開くと、開けるじゃありませんか。
実はこの画像はjpgではなくpngだったというのが事の始まりのようで、このwebサイトは開設以来ずっとこの状態で数年放置されていた模様。

某デザイン会社は、IEで動作検証しなかったのかな? 解決できてよかったよかった。

投稿者プロフィール

dtanaka
1971年10月生まれ、福岡県出身、一児の父。
応用情報処理技術者、マイクロソフト認定ITプロフェッショナル、vmware認定プロフェッショナル

食う・寝る・遊ぶ