今年四回目のオフショア釣行です。
8:00出船の予定でしたが、乗船者全員揃ったので7:45頃出船。
今回は、ヒラマサ→イサキ→真鯛→イカと複数あるのでテンポよく釣っていきたいところです。

アサイチ、まずはジグでヒラマサ。
水深40m程のポイントでジギング。ジグはマサムネ115gイワシカラーをチョイス。
同船者何名かヒラスを獲りましたが、私は0(T-T)。

その後、エサ釣り用ケイムラサビキを3本針に切って、エサ無しのサビキ釣り。
前回結構調子よくイサキが釣れたので、期待していたのですが今回は小物が3本くらいしか釣れませんでした。
以下、船長からの指摘事項。
① サビキのサルカン外してリーダー直結にしてないので、サルカンのキラキラの反応して食いついたイサキから見切られてしまい針に食いつかない。手間を惜しまず直結にしましょう。
② 錘を80gで統一しようと言ってるのにそれ以上の重い錘をつけてるので、仕掛け投入のタイミングが狂ってしまい針に食いつかない。ちなみに30号(112.5g)の錘を使ってました。
③ 底取り後すみやかに巻き上げるべきところ、ボケっとしてるから針に食いつかない。釣れても根魚しか釣れてない。確かにアオナ、アラカブが釣れました。
④ 何度も底を叩かない。底を叩いたらイサキの群れが散るので他の人にも迷惑がかかる。

とまぁ、散々でした。自分が釣れないのは仕方ないとしても他人に迷惑かけちゃいけませんね(反省)

次はタイラバ。
手製のタイラバ+オシアジガー1000PG(改)で、60クラスをゲットできました。
排泄物からウニの殻が出てきたグルメな真鯛でした(^^)
中層で前あたりなくいきなりガツンと食ってきて、ドラグ効かせながらの遣り取りはとても楽しかったです!

最後にイカ。
メタルスッテで底取りして数回シャクリを入れてアタリを待つのですが、アタリが取れません。
隣の乗船者や船長から、そこそこ!あたってる!と言われて合わせても釣れません。
夜焚きとはちがって日中のイカ釣りはアタリがかなり繊細で、夜焚きのように釣れません(T-T)

真鯛以外いいことなかった今回の釣行。次回以降の反省点として活かしたいと思います。

image1

投稿者プロフィール

dtanaka
1971年10月生まれ、福岡県出身、一児の父。
応用情報処理技術者、マイクロソフト認定ITプロフェッショナル、vmware認定プロフェッショナル

食う・寝る・遊ぶ