ここのところ、真鯛やイカなどにうつつを抜かしていましたが、8/8(土)行ってきました青物狙い、玄界灘のヒラマサ ジギング/キャスティング遊漁船クルーズ! この船は私がオフショアフィッシングを始めたきっかけの船で、釣りをはじめたばかりで右も左もわからない状態で乗船したのですが、ジギングの基礎からやさしく(時には厳しく?)手取り足取り教えていただきました。もう5年近く通っていますが今でも乗る度に赤間船長から色々なことを教わっています。

さて今回の釣行の事前情報ではジグはマサムネがベストでこれ一日つけておけば間違いない、マサムネで10本穫れるとしたら、他のジグでは3~5本位でしょうとのこと。自分にとってもマサムネは信頼のジグで常に数本タックルボックスの中でスタンバっています。 その中で特に信頼しているのは、115gのイワシカラー。前回釣行で大物にリーダー切られてロストしてブルーな気分でしたが、なんとか同じものをゲットできたので良かったです。

朝マヅメ、小型のヒラス&ヤズがポツポツ。
お昼から、7kgクラスを頭にどんどん釣れる釣れる。一度のアタリでツインフックに2本掛かる事もありました。この辺で船のクーラーはほぼ満タン。その後小物はどんどんリリース。ちなみに水深は50m台。
夕マヅメ、キャスティングで大物狙い、シャローエリアへ移動。水深20m未満のエリアでトップウォータープラグをキャスティング!
γディアブロ90をフルキャストしてたら、最後の一流しの時にブチン!と投げ切れを起こしてしまいました。もうγの回収は諦めていたのですが、船長がプラグをキャストして回収してくれました。一投げで水面を漂うルアーを引っ掛けるなんてス・ゴ・イ。到底自分には無理です。

リーダーは50ポンドでしたが、γ90だと負荷が高すぎた様です。船長曰くそんな細糸でγ90投げたらだめでしょー!! また叱られてしまった。次は今までどおり100ポンドに戻そうと思います。

結局キャスティングでは、同船者含めて0。18:00納竿で港へ向かいました。
キャストは不発でしたが、ジグで楽しいくらいたくさん釣れたので大満足。獲物はクーラーボックスにびっしり。翌日美味しく頂きました(^^)

img_2

S__4063250

投稿者プロフィール

dtanaka
1971年10月生まれ、福岡県出身、一児の父。
応用情報処理技術者、マイクロソフト認定ITプロフェッショナル、vmware認定プロフェッショナル

食う・寝る・遊ぶ